スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






かぼちゃ
yellow





とある書店にて
DVC00008
この棚の主とは仲よくなれそうな気がしました。

*ほぼ日ー明日に向かって捨てろ!!〜ボーズの脱アーカイブ宣言〜
*ハニカムーAgainst the Empire スチャダラパーが放つ建設的な「文句」
*ケンプラッツー「ヤンキー・デザイン」の危険な魅力/五十嵐太郎氏





家にも来た
うちにも来た
いつの間にか、うちにも届いていました。
スチャダラボーズさんが以前に怒っていた噂のアレ。
なんかね、感覚的にですけど、
このお金に手を付けちゃっていいのかなって思うんですよ。
完全にバカにしてると思うんですよね。
すごく単純に言うと、
「なんだかんだ言って、お金はみんな欲しいよね?」
って言いながら、目の前でお金をヒラヒラされてるってことでしょ?

そんな風に、なにげなく、気がつかないうちに傷つけられているんだと思うと
なんかくやしい。泣ける。
April 16, 2009
保険のCMとか、旅行会社のツアーとか、
この12,000円をあてにした企画を考えた人たちの、
真面目なアイデアや努力を否定する気は毛頭ないです。
ただ、その人達も含めて、僕たちみんなが、
バカにされて傷ついたんだっていうことなんだと思います。
April 17, 2009
さっき www.amazon.co.jp で
「景気後退下での住民の不安に対処するため、住民への生活支援を行うことを目的とし、あわせて、住民に広く給付することにより、地域の経済対策に資するものです。」
その目的を読むまでなんの12,000円か知らなかったのですが…
それじゃあ、アマゾンで特集を組む必要は無いような。





偶有性の海に飛びこむのだ
R0017942

久しぶりにライブを観てきました。ふらっとひとりで。
3組とも初めての人たちだったのですが、しっかり満喫。
知らない人たちが知らない音楽を目の前でやっている。
たまにはこう、「ぽかーん」とする時間もいいもんです。

R0017944
その帰り道、なんとも渋い建物に遭遇。
角の落ち具合と開口部の位置がステキ。





都市のイメージ(ホットなアジア編)
いつも楽しみにしている『HASH BLOG』で、
マレーシアの黄色い横断歩道が紹介されていました。
黄色といっても、日本で見かけるオレンジ系のに近い感じ。
おもしろいなあー。歩いてみたい。

僕が行った海外ではどんな横断歩道だったかなあーと
昔の写真をパラパラ見てみたけれど、あまり写っていなかった。
多分日本と大して変わらなかったって事なんだろうなあ。
それより、信号を待って横断歩道を渡った記憶があまりないような…

せっかくなので、印象に残っている路上スナップを
いくつか並べてみました。
DSCN2159
Aug 2005, Shanghai CHINA

杭州 Hangzhou
Sep 2005, Hangzhou CHINA

DSCN4866
Sep 2005, Hefei CHINA

051022_nepal_kathmandu
Oct 2005, Kathmandu NEPAL

DSCN8983
Nov 2005, Somewhere NEPAL

DSCN1073070317_delhi
左)Dec 2005, Varanasi INDIA   右)Mar 2007, Delhi INDIA


最後は、ル・コルビュジェの作品が点在する
チャンディガール中心部のロータリー。
器用にすり抜けていきます。サイドミラーが付いていない車もちらほら。

日本でも、交通マナーって土地柄というか気質が結構出ますよね。
今住んでる名古屋はなかなか荒くて、路駐多くて…
数年前に一度だけ運転した事がある大阪はもうこりごりで
静岡に帰ってくる度にほっとするものです。

中国も、ネパールも、インドも、もちろん上の写真が全てでは
ないですが、だいたいこんな感じ。クラクション鳴りっぱなしで
どこかでいつも誰かが小競り合いしてて…
それでいて、ほとんど交通事故は見かけなかったのが不思議。

DSCN9326
あ、ネパールの田舎で派手に横転したトラックを迂回したっけ。
これはびっくりしたなあ。






PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback