スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






おみやげ2
R0019183_2
部屋にもちょこちょことちいさなおみやげが並んでた。

藍染めのショール
(池下の小さなギャラリー 2005 aichi)

チベット語のマントラが掘ってある指輪
(エベレストベースキャンプの宿 2005 TIBET)

本物かどうかわからないけど巻貝の化石
(町の名前は忘れた 2005 TIBET)

手であけれるゾウのカギ
(カトマンズのダルバールスクエア 2005 NEPAL)

ヤクボーン製らしい指輪(ほんとかよと思いつつ)
(ポカラ 2005 NEPAL)

ブッダが触れたかもしれないレンガの破片
(カピラバストゥ 2005 NEPAL)

白鳥のかたちをしたシタールのパーツ
(コルカタの楽器屋 2006 INDIA)

骨折してしまったマッドメンミニ
(越後妻有アートトリエンナーレ 2006 niigata)

かわいいドクロの指輪
(デリーのゲストハウスでたしかヨルダン出身の留学生がくれた 2007 INDIA)

印鑑にぴったりの穴が貝によって開けられた石
(佐久島のとある海岸 2008 aichi)

「念力」の本
(大須の古本屋 2008 aichi)







スポンサーサイト





コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nobylog.jugem.jp/trackback/81

PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback