スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






朝のお供
装丁/南伸坊
先日、ひさーしぶりに行った近所の図書館でふらっと現れたこの本
インパクト抜群の表紙にシンプルなタイトル。
南さんがこれまで手がけられてきた装丁のお仕事についての本。
パラパラと立ち読みしていたら、赤瀬川原平さんの真っ赤な「老人力」
も載っていて、そういえばこれ持ってるじゃん…と。
BOOKOFFで「装丁買い」したまま一度も開いていなかったのでした。
老人力
さくらももこさんの「さるのこしかけ」と一緒に窓際に置いて
朝ぼんやりとにやけながら少しずつ読み進めています。
どちらも、目線、文体ともに心地よくてほどよい刺激ぐあい。
この二人の対談なんて想像しただけでまたにやけてしまう。
老人力
このお二人+南さんはイトイさんとも古くから親交があるようで、
ほぼ日でもそれぞれゆかいな対談を読む事が出来ます。
*2005/05 「オトナな会話(仮)さくらももこ×糸井重里」
*2007/10 「黄昏ーたそがれー赤瀬川・伸坊・糸井」
*2007/11 「のんきな伸坊。」
*2008/04 「のんきな伸坊と雨の鎌倉を行く。」
老人力
本文以外の全てのパーツが赤。
赤というよりは朱色かな。老人ってことで。





スポンサーサイト





コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nobylog.jugem.jp/trackback/426

PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback