スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






海馬 1
ちょっと早起きしたので、久しぶりにかわいいきみどりの本を開いてみた
海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス (ほぼ日ブックス)
糸井
今ふと思ったんだけど、ぼくは人と話をしている中で「こいつ、大っ嫌い」
と思うことと「頭が悪いヤツだなぁ」と思うこととを、かなりイコールで
結んでいるみたいなんですね。……思えば、もうほとんどイコールですよ。
「あいつ、頭がいいけど嫌いだわ」って言っている場合は、ほんとは
「あんなやつ、バカだ」と思っていますね。 

池谷
それはおもしろいです。「頭の良し悪し」の基準を「好き嫌い」
だと考えるとすっきりしますし、当たっている気がします。(P23-24)
ここを読んでて思い出したのが、天野祐吉さんと茂木さんの対談
茂木
ユーモアの最高のもののひとつって、
自分自身が笑いの対象になっているものかなあって思うんです。
天野
それが究極ですよね。
「おれもバカだけど、おまえもバカだなあ」
というのが僕はコミュニケーションの基本だし、
ユーモアの基本だと思うんですよ。 (その五 11分前後)
※22:50追記
茂木さんの講演会 071022『脳科学の現在とテクノロジーの未来』
を聴いてたら、こんなことをおっしゃってた。
「世間ではよく、頭がいいというのは単に昔起こった事を正確に記録すること
をいうかもしれませんが、現代の脳科学の立場からすると、
 頭がいいというのは記憶の編集能力が高いということを意味します。
脳の立場にしたら、
過去に起こってしまった事を正確に覚えている事自体には意味がないんです。」
「文字起こし」ってむずかしいなあ。でもおもしろい。
僕的にはいろいろつながっていきそうなのですが、ここではまとめれず。





スポンサーサイト





コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nobylog.jugem.jp/trackback/364

PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback