スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






ideas for Life
R0012915
近所の公園でみつけた時計がナショナル製でした。
これからはもうこのロゴがあたらしく生まれることはないのですね。
1927年(昭和2年) 角型ランプを考案、発売
所主は角型ランプの名称についても考えていた。ある日、新聞で「インターナショナル」という文字が目につき、辞書を引くと「国際的な」とあった。「ナショナル」には「国民の」との意味があった。思いにぴったりの字義である。所主は「『ナショナル』の商標をつけ、国民の必需品にしよう」と決心した。
社史より
3分弱の「社名変更/ブランド統一コンセプト映像」がこちらで見れました。
なんだか、万博のパビリオンっぽい雰囲気だけど
松下電工からパナソニックへの流れがわかりやすかった。
しかし…「パナソニック電工」という組み合わせはどうなんだろうな





スポンサーサイト





コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nobylog.jugem.jp/trackback/245

PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback