スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています






「チルアウト」ってなんだろう
明と暗、寒と暖、大と小。
人間の脳はもともと、非常に「コントラスト」
を好む傾向があります。なぜなら、脳の中では
全てがコントラストで表現されているから。
「明」そのものにも、「暗」そのものにも
情報はありません。

チルアウトは、休息自体が目的なのではなく、
生活や仕事が輝いていた、その時間の意味を
自分の中で腑に落とす、落ち着きどころを
見つけるためのものだろうと思うのです。

「ワールドミュージック」と言うと、
まだあちこちに人間同士を隔てる余分なものが
残る世界に身を置いている感覚があるけれど、
「アースミュージック」と言った瞬間に、
すごく遠くから、分割不可能なたったひとつの
地球を見ている気がしませんか?
大切なのは、「距離感」なんです。
ちょっと前のブルータス「旅と本と音楽特集」
の巻頭に載っていた茂木さんのコラムより。
BRUTUS (ブルータス) 2008年 8/15号 [雑誌]





スポンサーサイト





コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nobylog.jugem.jp/trackback/218

PROFILE
名古屋市にある
若い、小さな
建築設計事務所に
通っています。

もうすぐ3年目

アナログカメラも
ただいま2年目。

nobysan[at]gmail.com



recent comment
recent trackback